絹80% ポリエステル20%
長さ約4.35m(お仕立て上がり時)
西陣織工業組合証紙No.2257 織楽浅野謹製
おすすめの帯芯:綿芯
六通柄
◆最適な着用時期 袷(10月~翌年5月)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン パーティー、音楽鑑賞、観劇、お食事、お出掛け、ご旅行など

◆あわせるお着物: 訪問着、付下げ、色無地など

女性にとって「憧れ帯」ともいえるのではないでしょうか。

ご存知、「織を楽しむ」をコンセプトに掲げる【織楽浅野】。
創作性に富んだモノ創りをされることでファンの多い、
京都・西陣でも名高い織りどころさんです。

織楽浅野の帯は、まず創作点数が多くございません。
また、そのなかでも存在感のあるお品に出会うことができますと、
一瞬にして心浮き立ちます。

品良く上等な創作センスは、お着物通の方にもきっとお喜びいただけましょう。
モダンかつ、センスアップを約束してくれる上質袋帯。
まずはどうぞご覧くださいませ。


織楽浅野・・・
先々代が織屋を始めて八十五年、その母屋から独立、創業して二十四年、場所は、金閣寺を北へ行く京都衣笠の地。

美術書や織物、さまざまな和紙・筆・墨・箸・ポスターなど、和素材を超えてあらゆるデザインにアンテナをはり、ハイセンスな幾何学美で独自の世界を演出するいいもん屋さんとして知られております。 


【 異文唐草紋 】と題されたお品。

きゅっとしなやかで密に織り上げられた穏やかな淡黄色の帯地。
菱格子の地紋が艶めくその地にあらわされたのは、
「異文唐草紋」と題された花のような意匠。

さり気なく金銀糸が織り混ぜられており、
洗練されたセンスが感じられるひと品に仕上がっております。

軽くてしなやか織りあがりは、極細の上質の絹糸を使用している証明。
似寄りの帯とはまったくちがう素晴らしい風合いです。

躍動感とリズム感をたっぷり感じさせつつ、抑えた色彩が調和されて、
大人の極上カジュアルな和姿を演出いたします。

現代的で、スタイリッシュ。
洋装が多いから、あまり硬いデザインは好みでないけれど
くだけすぎ、個性が立ちすぎるものは…という方に、
自信を持ってお勧めできる作品となっております。

独特の感性を持つ織楽浅野のセンスをステキな和姿のアイテムに。
女性にとっての「憧れ帯」、是非この機会にお手元へ。
袋帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯持込)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A6G205776QW]-[TP:原田]-[PS:入江]-[CH:田中郷]-[文責:永田]-[0730017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。